そもそもどうして年末調整をするの?

この記事をシェアする

源泉徴収と税金

源泉徴収というのは、毎月支払う所得税を大まかに決めたものになります。その源泉徴収の額が問題ないか調整するために、年末調整というものが存在するのです。

一概に税金といっても所得税や住民税といった様々なものがあり、これらは人によって支払額が異なります。
それをしっかり国が把握することで、支払い過ぎている場合は返還し、不足している場合はさらに納税しなければなりません。ちなみに私がこれまで勤めていた中で、納め過ぎていた場合に還付されることはあっても、不足で支払うパターンはあまり多くなかったように見受けられます。

還付されるケースとしては、途中で扶養家族が増えた場合や年の途中で収入が増えた場合になります。反対に不足しているパターンはその逆で扶養家族が減った場合、賞与が高額で月々徴収している額では足りなかったケースが考えられます。

所得税と住民税とは?

私達が人間らしい生活、保護をしてもらうために税金を支払っているのですが、どのような税金があるのでしょうか。年末調整に関連のある税金は所得税・住民税となります。

所得税というのは個人の所得にかかる税金であり、年末調整の不足・還付はこの所得の増減によっても変動します。
企業に勤めている方の多くは毎月の給与から天引きされていることがほとんどです。
所得税は国に支払う税金になりますが、住民税に関しては自身が住んでいる市町村に支払う税金で、住んでいる地域によって多少変動があります。企業によっては毎月給与から天引きしているところもありますので、給与明細書を確認してみるとよいですね。

この住民税に関しては、年末調整の必要はなく前年の年末調整から算出されて決定します。