どんなケースだと年末調整が必要?

この記事をシェアする

こんなケースは必要ない!

年末調整や確定申告と聞く面倒なイメージがあり、できればやりたくないとおもっている方もいるでしょう。
しかし多くの方が申告をしなければならないと言え、重い腰を上げて資料を作成する。
ちょっと待ってください。実は年末調整が不要なケースもあるのです。
いくつかのパターンがありますが、まず年収が2000万円以上の方は、年末調整ではなく確定申告が義務つけられます。
続いては年の途中で退職し、且つその際の給与総額が103万円以上の方も同じく確定申告が必要です。

他にも災害減免法が適用された場合や扶養控除申請書を提出していない場合、日雇いなど源泉徴収票の日額票の丙欄に該当するケースなど、複数のパターンがるので自分が該当するのか把握しておく必要があります。

しっかり年末調整をするケース

続いては年末調整が必要なケースについて説明していきたいとおもいます。前の項目で説明したケース以外、すなわち年末までに退職しておらず勤務をしている方です。この場合は1年を通して、また年の途中からの入社どちらも対象になります。
続いては年の途中で退職してしまったが、その際の給与所得が103万円以下のケースです。この103万円というのはパート勤務をしている方がよく使うキーワードであり、この金額より所得が上回ってしまうと扶養家族として認められず控除することができなくなってしまいます。
今自分の立ち位置はどこなのかをしっかり把握しておく必要がありますし、日頃から給与や所得をメモしておく癖をつけることで、調整の際に慌てることはありません。